ビタミンC誘導体の効果まとめ、普通のビタミンCとの違いとは?

ビタミンC誘導体の効果まとめ、普通のビタミンCとの違いとは?

ビタミンC誘導体ってビタミンCと全く一緒だと思っていたりしませんか?
実はビタミンC誘導体は、ビタミンCとは少し異なるんですよ。

 

ビタミンC誘導体って何?ビタミンCとどう違うの?

 

結論からいうと、ビタミンCを肌に浸透しやすくしたものが、ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンCってお肌に良いけど、実は肌への浸透がしにくいです。
水溶性のビタミンCは、肌にはじかれてしまうので、吸収されにくくなっています。

 

これは、皮脂が水溶性のものを弾くのが原因だと言われています。

 

 

このままではビタミンCをお肌に浸透されることが難しいので、
ビタミンCに化合物を付与して浸透性を高めることにしました。これが、ビタミンC誘導体なんです。

 

 

ビタミンC誘導体が肌の内側に浸透した際、
化合物が外れることによって、ビタミンC誘導体はビタミンCとして機能します。

 

つまり、ビタミンC誘導体というものが肌に直接働きかけるのではなく、
ビタミンCを肌に届けることを目的として作られたのが、ビタミンC誘導体です。

 

 

ちなみに、ビタミンC誘導体が利用されている商品の成分表示にはしっかりと、ビタミンC誘導体と表示されています。

 

 

ビタミンC誘導体の効果って?

 

 

ビタミンC誘導体にはさまざまな効果があり、美容皮膚科などでも処方されるほどです。

 

例えば、ニキビ跡の改善やくまの改善、シワやほうれい線を予防する効果や、
毛穴の開きを改善する効果もあります。

 

 

他にも、メラニンを抑えることでシミ予防になったり、
皮脂分泌のコントロール作用や炎症を抑えることによって、
ニキビの予防やニキビの沈静化も可能です。

 

 

更に、コラーゲンを増やす働きもあると言われています。

 

 

この中でも、一番効果が大きくみられるのはニキビへの効果で、
皮脂分泌抑制作用と抗炎症作用がニキビに働きかけてくれます。

 

 

治りにくく厄介だと言われている、
皮脂分泌による毛穴詰まりでできたニキビまでも良くなると言われています。

 

 

美容皮膚科で処方されているので、効果は大いに期待できると思いますよ。

 

 

ビタミンC誘導体にはデメリットがある?

 

ビタミンC誘導体は万能な成分ですが、残念ながらいくつかのデメリットも存在します。

 

まず、どんな肌の人でもたっぷり使えるというわけではありません。
どういうことかと言いますと、ビタミンC誘導体は皮脂のコントロールに直接働きかけます。

 

これにより、肌が乾燥ぎみの人が使用しすぎると皮脂量が更に減って肌が乾燥し、
敏感肌になってしまうなんてこともあります。

 

 

敏感肌の人や乾燥肌の人がビタミンC誘導体を使用する際は必ず、
使用する前にパッチテストを行うのが懸命です。

 

 

また、自分の肌とよく相談しながら、
ビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使用すると良いでしょう。

 

 

ビタミンC誘導体を使いたい!おすすめの方法とは?

 

 

ビタミンC誘導体の最もおすすめな使用方法は、洗顔後に使用するという方法でしょう。

 

つまり、化粧水の前のブースターか、
化粧水にビタミンC誘導体が配合されている物を使うと良いです。

 

 

ビタミンC誘導体は美容液やクリームなどより水分に配合した方が安定し、
不安定なビタミンCが壊れにくく吸収も良いからです。

 

 

そして、たまにはビタミンC誘導体を集中ケアとして使うのもアリです。
集中ケアとして使う際には、気になる部分にコットンパックをするのが効果的です。

 

 

こうすることで、肌の水分と油分のバランスが整います。

 

 

このコットンパックをするのに、
市販のビタミンC誘導体配合の化粧水を使用するのも勿論良いですが、
ビタミンC誘導体の原液か粉末を精製水で薄めて化粧水を作ることもできるみたいです。

 

自分で作ることで、濃度を自分好みに調整できるので、
自分のお肌に合うビタミンC誘導体の化粧水が使えますよ。

 

 

さまざまなお肌の悩みを解決してくれるビタミンC誘導体、是非活用していきたいですよね。
ビタミンC誘導体を活用していくことでニキビに悩むことも無くなるかも?